不眠症 原因

不眠症の原因の中で最も多い原因は?

不眠症,原因

不眠症の原因の中でも多いとされるのが、精神的ストレスによる不眠です。悩みやイライラを抱えていたり、極度の緊張があって、ストレスが過剰になると、それが原因で眠れないことは、誰にもあることです。

 

数日間でストレスがやわらいできて、また眠れるようになる、一過性の不眠であれば心配することはありません。しかし、一か月以上も不眠が続くようであれば、専門医の不眠症治療を受けることが望ましいでしょう。

 

ストレスがさらに深刻化し、うつ病などの心の病が不眠症の原因になることもあります。うつ病の症状のひとつとして、不眠が挙げられます。ストレスの他に不眠症の原因となりやすいのが、身体の不調です。咳や熱、かゆみなど、身体的な不快感があると、ぐっすりと眠ることは難しくなります。また、睡眠時無呼吸症候群なども不眠症の原因になります。

 

薬の副作用が不眠症の原因となることもありますので、その場合は医師に相談してみましょう。また、カフェインの取り過ぎが、不眠症の原因となっていることも多いようです。不眠症の症状がある場合、カフェインは控えることです。

 

単なる環境の変化から、不眠になってしまい、それを深刻に悩みすぎることが、さらなる不眠症の原因となってしまうこともあります。このように、不眠症の原因は様々で、特定しずらい場合が多いのも実際のようです。