不眠症 病院1

不眠症治療で病院にかかる際に注意する点?

不眠症,病院1

不眠症を治療するために病院で受診するときには、精神科、精神神経科、心療内科などが、専門科になります。一般内科にかかる人も少なくないようですが、やはり確実な診断と治療を行うためには、専門医にかかるのが確かと言えるでしょう。

 

不眠症治療で病院にかかる際には、現在の自分の状況を、しっかりと把握して、問診の際に答えられるようにしておきましょう。不眠症の問診で質問される内容には、

 

・いつ頃から症状があるのか
・不眠症になるような原因に心当たりがあるか
・眠れるまでどのくらい時間がかかるか
・夜中に起きてしまい、その後、すぐ眠れるか
・朝早くに、目が覚めてしまわないか
・いびきをかいているか
・朝起きたときに、疲れは残っていないか
・何か他の病気にかかっていないか

 

などがあります。不眠症の診断は、睡眠の状況や、生活習慣などから行われますが、診断がはっきりとつかない場合など、睡眠ポリグラフィという検査をすることもあります。

 

これは、睡眠中の脳波や心電図、筋肉と眼球運動を同時に記録する検査で、一泊の入院が必要となります。この検査により、自分では気がついていない何らかの疾患や不眠症の原因が見つかることがあります。

 

現在、通院などをしている場合は、主治医に不眠の状況を相談してみると良いでしょう。専門外の場合には、必要に応じて不眠症の病院を紹介してくれるかもしれません。