不眠症 薬1

不眠症の症状によって使う薬も違う?

不眠症,薬1

不眠症の薬というと睡眠薬ということになりますが、以前は、常習性などが心配されていました。しかし、現在主流になっているベンゾジアゼビン系の薬は、副作用も少なく、比較的安全な薬と言われています。安心して服用して差し支えありません。ベンゾジアゼビン系は、脳の特定のところに働き、ストレスや不安、痛みや暑さなどの刺激が、覚醒や睡眠をつかさどる中枢に届くのを妨げます。

 

不眠症の薬と言っても種類があり、不眠症の症状によって使う薬も違ってきます。一般に入眠障害や一過性の不眠に使われるのが、超短期作用のハルシオンやアモバン、マイスリーです。

 

また、途中で目が覚めて眠れなくなる、朝早く目覚めてしまう、といったタイプの不眠には、短時間作用のレンドルミン、ロラメット、エバミール、リスミーなどが用いられます。

 

また、中間型としてサイレース、ロヒプノール、ユーロジン、ベンザリン、ネルボン。長時間作用する不眠症の薬に、ダルメートやソメリン、ドラールといったものがあります。

 

いずれにしても不眠症の薬である睡眠薬には、医師の処方が必要です。不眠症で薬の力を借りなければならない場合、医師の診断とアドバイスに基づいて、正しく薬を服用するようにして下さい。痛風 食事療法